院長の歯科教室

2021.10.17更新

 

銀歯には大きく分けて、クラウン(歯の全体を覆いかぶせるもの)とインレー(部分的に詰めるもの)そして今ではほとんど使われていないアマルガム(これも部分的に詰めるものです)があります。

今回はインレーについて銀歯以外の材料の種類と白くするデメリットをお話しします。ni

・コンポジットレジン:通称CRと呼ばれ保険適応の治療が可能です。吸水性があるためセラミックなどと比べると汚れを吸着くしやすいため、虫歯リスクが高くなる可能性があるのと経年劣化や変色が見られます。歯を削る量が少ないのが特徴です。

・ハイブリッドセラミックインレー:セラミックとレジンを合わせたものでセラミックとCRの両方の性質を併せ持ち多少吸水性があります。材料に十分な強度はありませんので、厚みを確保するため歯の削除量は多くなります。

・セラミックインレー:吸水性がなく汚れが付きにくく精密な色調の再現が可能です。但し、セラミック自体に十分な強度はありませんので材料の厚みが必要になります。そのため歯を削る量は多くなります。

・ジルコニアインレー:吸水性がなく金属に近い強度があります。セラミックに比べると現段階では精密な色調再現が難しい材料となっております。接着面積を確保するためセラミック同様削る量は多くなります。

一見、銀歯を白くすることにデメリットは無さそうですが、材料や施術には上記のような違いがあります。

 

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

SEARCH

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります

  • キラキラで透明感のある白い歯へ
  • 院長の歯科教室
  • 当院のドクターが紹介されました
  • 患者様の声
  • facebook
  • 当院のろこみ掲載されています
  • toothfairy
  • english available
  • 台東区歯科基本健診協力医療機関