院長の歯科教室

2014.10.20更新

ドライマウスとは、加齢や全身的な病気、それに対する内服薬の副作用により唾液の出る量が減り、お口の中が乾燥することを言います。eye

お口の中の症状としては、ear

「口の中がヒリヒリする」

「舌が痛い」

「食べ物や飲み物の味がおかしい」

「入れ歯が当たって痛い・ゆるい」

「食べ物が飲み込みにくい」

「話ずらい」


などが挙げられます。

唾液には、抗菌作用(虫歯菌や歯周病菌などの活動を抑える働き)がありますが、ドライマウスになるとこの機能が下がり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

特に、介護を必要とする高齢者では、加齢的な体の変化に加えて、脳血管障害などのご病気で半身麻痺になりますとお口の機能も同じく制限されてしまいます。

その結果、過度な口呼吸による唾液の乾きや摂食障害により噛む回数が減少しお口の乾燥が進みます。

ドライマウスになると舌苔(ぜったい)と呼ばれる細菌の塊が舌に作られます。舌の動きが制限されると、この舌苔の量は、どんどん増えて同時に異臭を放つようになります。

また、細菌を誤嚥する事により「肺炎」の危険性が高まります。impact

日本での死因の第三位は、「肺炎」です。肺炎には、誤嚥性肺炎といわれるお口の中の細菌が肺のなかに入り込み引き起こされるものが多くを占めています。

台東区内のある特別養護老人ホームで歯科医師・歯科衛生士による口腔ケアを定期的に入居者に行い検証したところ「肺炎」が激減した事実があります。annoy

専門の歯科スタッフによる口腔ケアで、多くの「肺炎」は、防止できますので、在宅や施設・病院に入所でお困りの方は、かかりつけの歯医者や口腔ケアセンターまたは、地域の歯科医師会に相談することをお勧めします。clover

蔵前 ジェイエムビル歯科医院
    院長 野崎康弘

医院案内は、こちらです。



投稿者: ジェイエムビル歯科医院

2014.10.09更新

紙のコピーは、耳にしますが「入れ歯のコピー」とは?sign02

ご高齢の患者さんの中には、入れ歯の調子は良くないのだけれど、長年愛用してきた入れ歯は、手放せないとお話しされる方がおられます。ear

この対応策として私は、古い入れ歯のコピーを行い、これを改造して新しい入れ歯を作るときの目安としています。

入れ歯をお預かりする必要は、ありません。

その場でお口の中の型取りではなく古い入れ歯そのものの形を記録するための型取りをします。

はじめに、コピーした入れ歯が調子良くなるまで改造して、よく食べられるようになりましたら、このコピーした入れ歯と同じ形の入れ歯を新製します。



この方式ですと、古い入れ歯には一切手を加えずに新しく入れ歯を作る事が可能です。flair

したがって、望ましい事ではありませんが、万が一新しく作った入れ歯に馴染めなくても、古い入れ歯が手元にあるので、患者さんにとっては、安心できるわけです。scissors


嚥下障害などで、食べ物がうまく飲み込めない方にもコピーした入れ歯の上あごの部分に厚みを持たせることで、飲み噛みのサポートが期待できます。また、話は逸れますが、歯がある方の嚥下障害には、嚥下サポート用の器具を歯医者で作ることが出来ます。

残念ながら自院では、入れ歯のコピーは、今のところ総入れ歯にしか適応していません。eyedown

入れ歯のコピーは、とても有効な手段です!かかりつけの歯医者に相談してみましょうclover

医院案内は、こちらです。


蔵前 ジェイエムビル歯科医院
    院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

2014.10.06更新

在宅や老人ホームに入居されていますご高齢の方で、歯が動揺と言ってぐらついている場合、放置しますと誤飲による窒息の危険性があります。danger

以前、台東区内の施設で下の前歯6本連結してある大きなブリッジ(本来は、歯に固定されています。)が脱落し、咽頭に引っかる事故がありました。

認知症と脳血管疾患の後遺症のため患者さんはご自身の意思を伝えることができせん。

担当の看護師さんが、熱発と呼吸音の変化で異変に気づき医科に救急搬送され、レントゲン撮影後、内視鏡で摘出し一命を取り留めました。


※健常人では、誤飲するとは思えない大きなブリッジでした。大きな動揺がある歯の場合は、大変かもしれませんが、出来れば、介護者さんが毎日所在を確認する事が必要です。

動揺が小さい場合は、定期的に歯科医に確認してもらい、抜歯の時期を相談することお勧めします。clover

蔵前 ジェイエムビル歯科医院
    院長 野崎康弘

医院案内は、こちらです。

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります