小児歯科について

小児歯科

虫歯は感染症であるという見地から、 虫歯になりにくい口内環境を お子さまのうちから作っていきます。

当院で力を入れている分野のひとつが小児の予防歯科です。
虫歯菌が人から人に感染しやすいのは、1歳から2歳の時期です。
もともとお子さまの口腔内に虫歯菌はいません。

しかしこの時期に、ご家族に虫歯が多い状況で、口移しに食べ物をあげたりすると、虫歯菌が一気に増加してしまいます。

この時期をすぎて3歳くらいまでに、虫歯を作らない環境を作ってあげると、虫歯ができにくい状態になります。
1歳から2歳の時期に自分で使用したスプーンで直接お子様に食べ物をあげたり、箸や食器をいっしょに使うのは避けるべきでしょう。お子様専用の食器を使うことをおすすめします。

当院では、お母さんが妊娠されたときから、更には結婚されたときから、お子さまの虫歯予防は始まっていると考えています。

乳歯のうちから虫歯ができにくい環境を維持することが大切です

ゼロ歳児から、虫歯予防をしていただいています。

歯が生え始めたばかりのお子さまに対しては、フッ素塗布は必要ないという先生もいらっしゃいます。 当院では、歯が生えてきたら、まず、予防治療を開始します。同時に低濃度のフッ素を塗布して虫歯ができにくい歯を作っていきます。

それは、お父さんお母さんに、フッ素を使って虫歯予防をするという意識を持っていただきたいからです。 ゼロ歳児などでは歯磨きをするというよりは、ガーゼで拭くことが多いと思いますが、その際にも、ご家庭で塗布できるスプレー式のフッ素を使っていただきます。

また、3ヶ月に一度、定期的に通院していただくことで、歯医者に慣れていただくことも大事だと考えています。お口のなかを触られることに慣れることで、将来歯の治療が必要になったときにも、泣いたり暴れたりせずにおちついて診療を受けることができる子に育ちます。

お子さまの虫歯治療

お子さまの乳歯に小さな虫歯ができたときにどうするか、歯科医の間でも意見の分かれるところです。

当院では、程度の軽い虫歯ができたときには、まず、削らずに進行止めを塗布して虫歯の進行が止まるかどうかの経過を観察するという立場をとっています。

虫歯菌の繁殖を止めるためには、歯を削って、虫歯菌を除去して詰める処置が必要であると考える先生もいらっしゃいますが、進行止めの薬は、虫歯菌の活動を抑制する作用もありますので、すぐに削ってしまわないで様子をみることにしています。

進行しなければ、そのまま生え替わりのときまで削らずにもっていきたいと考えています。
3ヶ月後に進行が認められれば、ご家族にもご理解いただいたうえで、削って詰めるという処置をおこないます。

生えたばかりの永久歯の虫歯の場合は、少し虫歯になると速く進行してしまうケースが多いので、短針という細い器具を歯の溝に入れ診査します。この器具が溝に引っかかる場合、削って詰める必要があります。

永久歯の奥歯は、6歳臼歯から生え始めますが、本当にその歯が成熟し固くなり、虫歯ができにくい状況になるのは、10歳、11歳ころです。小学生のときに穴が開き始めると中学生くらいまでには一気に大きくなります。そのため、早期発見、早期治療が重要になります。

歯磨きのチェックは、お子さまが嫌がっても続けてください

6歳臼歯はとても虫歯になりやすい歯です。その原因としては、お父さんお母さんが小学校に上がるあたりの時期からお子さまの仕上げ磨きをやめてしまうことが多いのも原因です。
お子さまも歯磨きを嫌がりはじめる時期ではありますが、仕上げ磨きをしてあげないと虫歯ができてしまいます。

プラークチェッカーという歯垢が溜まっていると赤く染まる試薬を使っていただくこともあります。
赤く染まった汚れの部分を自分の目で確認すると、きちんと歯磨きをするモチベーションアップにつながるようです。

マイナス1歳からの虫歯予防

当院では、妊婦の方を対象に、口腔内をキレイにしてお子さまの虫歯を防ぐための意識を持っていただく指導をしています。
お子さまに虫歯を作らないという意識づくり
は、そこからはじまります。
妊婦さんの場合は、つわりなどで口腔のケアをすることが大変になってきます。

また、妊娠時には歯周病リスクも高まり、歯周病を抱えると低体重児出産のリスクが高くなるということもわかってきています。妊娠がわかったら虫歯菌をお子様にうつさないためにも、きちんと歯科を受診されることをおすすめします。(妊娠5カ月~7カ月の安定期は通常の歯科治療が可能です。)

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります