歯を失った方

入れ歯

入れ歯治療は、完全な食べる機能の回復を目指し、調整または作成していきます。
患者さんのご要望にあわせて、床の部分が薄い金属製のものや、歯肉にあたる部分が柔らかいシリコンでできたものなど自費の入れ歯もご提供しています。

しばらく入れ歯を入れていなかった高齢者の患者さんには、嚥下機能の状態を評価させていただき、入れ歯の作成を検討します。嚥下機能が衰えている方に、入れ歯を入れても安全に何でも食べられるようにはなりません。むしろ危険をともなうこともありますので、摂食嚥下のリハビリ後、機能が向上したのちに入れ歯の作製が可能になります。

当院では、患者さんの状態をしっかり診断した上で、ご要望にそった入れ歯をベストな技術でご提供しています。

ブリッジ

歯がなくなってしまった時の治療法の一つとしてブリッジが挙げられます。

この方法は、抜けてしまった歯の両隣の歯を削って、抜けてしまった歯の部分を含めて両隣の歯から連結した冠をかぶせるものです。利点は、固定式でほぼご自分の歯と同じ意識で使う事が出来ること、ほとんどのケースで材料を問わなければ保険適用であることです。(審美治療などでは保険外材料もあります。)

欠点は、両隣の歯に負担がかかる事と多くの場合、健康な歯を削らなければならないことです。ただし、条件が合えば、接着性ブリッジと言って削らずに行うことがあります。他にも歯が抜けてしまった場合の治療の選択肢はいくつかありますので、歯科医院でどの方法が自分に合っているか相談することをお勧めします。

インプラント

絶対的にインプラントが良いというのは限られたケースです。たとえば、歯が一本抜けてしまって両隣の歯は健康な状態や、噛み合わせを考えるうえで絶対に必要な歯が抜けてしまったというケースです。

その歯が抜けたままになっていることで、噛み合わせが崩れてしまうキーになる歯があります。その歯がなくなってしまった場合、1本のインプラントによって他の歯が助かる---そうした場合にはインプラントをおすすめしています。
インプラントにより、治療に確実な効果が認められるケースに限り、適切なインプラント術をご提供させていただいています。

また、歯槽骨の状態や、全身の状態などによりインプラント手術が危険をともなう場合には、専門の医療機関である大学病院インプラント科など高次医療機関をご紹介しています。

料金表

金属床(白金加金・チタン) ¥500,000
金属床コバルトクロム ¥300,000
バネのない入れ歯 ¥200,000~
シリコンデンチャー ¥300,000~
検査 ¥10,000
埋め込み(手術料) ¥200,000
クラウン ¥60,000

(下記料金は税抜きの価格となります)

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります