院長の歯科教室

2020.01.22更新

最近、抜歯の時期を設定することが重要と考えるようになりました。

勿論、残せる歯を残すのは大切です。では、何故、抜き時期が重要と考えるようになったかといいますと、在宅療養の寝たきりの状態の患者さんの場合、無理に残した歯の炎症が全身状態の悪化につながることがるからです。

「抜くべき時に抜いておいてくれれば・・・こんなことにならないのに・・・」ということが訪問の場ではあるのです。

在宅療養の患者さんでは、抜歯する場合、医科の先生と連絡を取りながらの抜歯となり全身状態悪化の危惧から歯科単独で行うことはありません。

訪問先のとある病院の看護師さんが私に言った事があります「先生!残っている歯でこんなに苦しむのなら、わたし!年を取ったら歯を全部抜いてもらおうかなー・・・」

 

医療法人社団医康会 ジェイエムビル歯科医院

理事長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります

  • キラキラで透明感のある白い歯へ
  • 院長の歯科教室
  • 当院のドクターが紹介されました
  • 患者様の声
  • facebook
  • 当院のろこみ掲載されています
  • toothfairy
  • english available
  • 台東区歯科基本健診協力医療機関