院長の歯科教室

2014.04.21更新

ちゃんと歯磨きしているのに虫歯になってしまったcryingこんな経験はありませんか?

もしかすると磨き方に問題があるかもしれませんが、実は磨けていても虫歯になってしまう事があるのです。

乳児期に家族から虫歯菌をもらい菌が繁殖してしまうことがあります。こうなるとしっかり磨いても虫歯になりやすいお口の中の環境を大人になるまで引きずってしまいます。では、どうしたらよいのでしょうか?

対応策は、二つあります。

ひとつは、定期的に歯医者でフッ素を歯に塗ったり、ご自宅でフッ素入りのうがい薬でホームケアを行い歯を強くすること。

もうひとつは、バイキン数を減らす事です。

大人であれば歯医者で除菌が可能です(3DS→詳細は、予防のページをご覧ください)が、お子様の場合は、除菌が適応できません。down

おすすめは、キシリトールを摂取することで唾液の分泌を促すことでバイキン数の減少が期待できますので、食間にキシリトール入りのお菓子などを食べることでそれが可能になります。flair

キシリトールは、砂糖に代わる代用甘味料として最近では、チョコレートをはじめとする予防効果のあるものが開発されていますが、今のところは、歯科医院専売のものが多いようです。
ご利用の方は、ご相談くださいpaper

院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

2014.04.14更新

お母様、お父様方の中には、きちんとお子様の仕上げ磨きをしていいるのに虫歯が出来てしっまたという経験があるかたもいらっしゃると思いますweep

では、なぜ虫歯が出来てしまったのでしょうか?

まず、ご両親や一緒に生活しているご家族に虫歯や歯周病はないでしょうか?歯周病の原因になる細菌性プラークと呼ばれる汚れの中には、虫歯菌も多数存在します。

生まれたばかりの赤ちゃんにのお口の中には、虫歯菌はいません。

では、どうして虫歯になるのしょうeye

家族から虫歯菌をもらい虫歯が出来てしまうのです、特に抵抗力の低い1歳半~2歳半くらいの時期に虫歯菌に感染するとばい菌数は一気に増え虫歯になりやすい状況になります。

お子様を虫歯から守るには、周りのご家族の虫歯と歯周病を無くすことが大切です。flair

では、すでに虫歯菌が増えてしまったらどうしたらよいのでしょうか?次回のブログでお答えしたいと思います!

                                                           院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります

  • キラキラで透明感のある白い歯へ
  • 院長の歯科教室
  • 当院のドクターが紹介されました
  • 患者様の声
  • facebook
  • 当院のろこみ掲載されています
  • toothfairy
  • english available
  • 台東区歯科基本健診協力医療機関