院長の歯科教室

2017.06.15更新

歯磨きは、何のためにするのでしょう?

「虫歯にならないために決まってるじゃないか!」言われそうですが
今回は、違った視点からの歯磨きについてお話ししますear

普段、何気なく行っている歯磨きですが、お口の中に刺激を加えることで
歯や歯茎が綺麗になるだけでなくいろいろな効果があります。

実際に私が経験した例ですが、

とある在宅療養の患者さんで全身疾患とともに認知症が進み
ご自身で歯磨きは全くできない状態で、食事も食べなくなってしまった・・・どこか歯が痛いのでは?
とのことで依頼を受けご自宅に伺いました。

お口の中を拝察すると、歯茎からは少し触れるだけで出血があり、口の中は舌や頬粘膜にカビ発生している状況でした。
ご家族は、患者さんの口の中は、怖くて触れないということで、退院後、約3か月口腔ケアは行っていないとのことでした。happy02

まず、口腔ケアセンターの衛生士とともに週一回の口腔ケアとご家族へのケア指導をさせていただき口腔環境の改善を行いしました。
約1か月が経過したころから、ご家族の協力もあり、歯茎からの出血も治まって来ました。

そして、驚くことに、お昼ご飯時にお邪魔すると、介助は必要なもののしかり食事ができるようになっていました。
そして、初めてお会いした時は、ほぼ無表情であったのが、今では、笑顔も見せてくれるほどになりました。


治療といえば・・・歯磨きをしただけなのです!

このことは、健康な人にも当てはまるように思います。
歯磨きをよく行い、定期メインテナンスにみえる方は、痛いときだけ治療にみえる方に比べ、元気に見えます。

先日、朝のテレビ番組で誤嚥性肺炎について特集がありました。その中で歯磨きをしないで寝てしまった場合の肺炎の危険度などが挙げられていました。

誤嚥性肺炎は、高齢者にとっては、命取りになります。

いかがでしょう?歯磨きの大切さをご理解いただけますと幸いです。

口腔ケアは、命をつなぎます!clover

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院
院長 野崎康弘



投稿者: ジェイエムビル歯科医院

2017.06.05更新

私が所属する浅草歯科医師会では、6月3日・4日に浅草公会堂にて「歯と口の健康週間」におけるイベントを行いました。

当日は、区民の方の歯と口に関わる「標語」「ポスター」の入選作品の展示と、お口の健康にかかわる情報の掲示と無料相談が行われました。

多数のご来場、有難うございました。happy01

ポスターの入選作品には、当医院にかかりつけ患者さんのものもありました。おめでとうございます。sun


ご来場の皆さんが一番足をとめ、ご覧になっていたのが、歯科医師会が作成した写真入りの「口腔がん」についてのポスターでした。



1週間たっても治らない口内炎、頬粘膜を噛んだ傷が化膿して治らない・・・なども「がん」の可能性があります。danger

正確な診断には、口腔外科専門医や病理検査での診断が必要です。

6月10日までが「歯と口の健康週間」です。

この機会に気になる方は、かかりつけの歯科医に相談してみてはいかがでしょうかclover

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院
院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります

  • キラキラで透明感のある白い歯へ
  • 院長の歯科教室
  • 当院のドクターが紹介されました
  • 患者様の声
  • facebook
  • 当院のろこみ掲載されています
  • toothfairy
  • english available
  • 台東区歯科基本健診協力医療機関