院長の歯科教室

2016.11.29更新

最近、寒くて水が冷たいためか「歯がしみる」方が多くお見えになります。

虫歯で穴があいてる方は、痛みを感じやすい時期です。

虫歯は、虫歯菌が食べかすを栄養にして、強酸を作り歯が溶けてしまう事によって起こります。

虫歯は、ご自身で行うホームケアと歯医者での定期的なオフィスケアで防ぐ事が出来ますが、虫歯の他にも歯が溶けてしまう事があるのです。ear

これは、よく歯磨きをしていても歯医者に定期的にケアに行っていても防げないものです。bearing

それは「酸蝕歯」と呼ばれるものです。

原因は、日常、口にするすっぱいものの過剰摂取や炭酸飲料などです。例えば、ドレッシングや果物、ビールなどです。

歯の表面のエナメル質が溶け、歯に穴が開き、虫歯でもないのに歯がしみることがあります。

「酸蝕歯」は、日ごろのちょっとした工夫で防ぐ事が出来ます。

できるだけ酸をお口の中にとどめない様に、すっぱいものを食べたらお水やお茶を飲むことで予防が可能です。

最近、歯がしみるな~なんて方!鏡でご自身の歯を見てみましょう!

歯に小さい穴がありませんか・・・それは「酸蝕歯」かもしれません。clover

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院
院長 野崎康弘


投稿者: ジェイエムビル歯科医院

2016.11.15更新

歯並びを治すのに、何故、健康な歯を抜くのですかsign02

抜きたくないので矯正しようか悩んでいるんです・・・

何とか抜かないで出来ないものなのでしょうか?


この様な質問をよく聞きます。答えは・・・

程度によっては、出来ます。しかし、多くの場合抜いたほうが結果よくなります。eye


多くの場合、歯並びの乱れは、顎の大きさに対して歯が大きすぎて正常な歯のアーチから歯がはみ出てしまうことによります。

例えるなら、5人掛けの椅子に7人が座り、座れない人は、膝の上に座っている状態です。当然、この椅子には、全員座れませんので、膝の上の人に座ってもらうには、椅子を大きくしなければなりません。
しかし、歯並びの場合、顎の大きさは決まっていますから、歯を抜いてスペースを作らなければ、正常なアーチからはみ出た歯を良い位置におさめることはできません。
(小児などの成長過程での顎の大きさのコントロールは、可能な場合があります。)

もし無理に抜かずに歯並びを治そうとすると、かなり出っ歯にしないとなりません。歯を抜かずに済んだが、カッパ顔になんてことも考えられます。

ここ数年で登場したマウスピースで歯を抜かずに行える矯正(程度によって不可)が流行っていますが、専門医の意見からすると

嚙み合わせの微調整は難しく、歯並びは良くなったが噛みにくくなったり、顎関節を痛めたりということもあるよう・・・とのことです。

状態も見ないで「抜かずに矯正できます」と謳う矯正も要注意だと言います。正確な診断は、分析をしないとわかりません。その後、抜歯が必要かが決まります。danger

当院では、月に一回、専門医による無料矯正相談を行っています。clover

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院
院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

2016.11.09更新

季節の変わり目ですので体調を崩されている方も多いのではないでしょうかeye

最近、なんとなく体調がすぐれず・・・疲れが取れない・・・内科で検査したけど異常なし。

このような方がおられましたら、もしかするとお口の中の銀歯が原因かもしれません。

今回は、銀歯の種類も色々あるのですが、アマルガムに焦点を当てたいと思います。

アマルガムには、水銀が約50%含まれており、お口の中で徐々に水銀が蒸発・分解し体内に蓄積すると言われています。

水銀の身体に及ぼす影響は、どのようなものなのでしょう?

ご記憶の方も多いかと思いますが、水銀公害被害として水俣病が有名です。

熊本県水俣市のある工場の水銀汚水が水俣湾に流出し、住民が食物連鎖的に水銀を含んだ魚介類を食べたことで大きな被害を生んだ事件です。

症状は、手足の感覚障害・運動失調・視野狭窄・平衡感覚障害・頭痛・疲労感・手の震え・味覚障害など多岐にわたります。

また、胎児のうちに水銀に侵される胎児性水俣病も存在しました。

もちろん過去に歯科で治療していたアマルガムの水銀は、極微量ですので、実際にどれだけの身体に影響があるかはわかりません。

私見ですが、少なからず何らかの影響はあると考えています。danger

皆さん、もう一度、お口の中を見てみて下さい。もし銀歯が気になる方は、歯医者で確認するとわかります。


アレルギーや原因不明の体調不良は、歯が原因かもしれません。clover

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院
院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります