院長の歯科教室

2017.09.28更新

虫歯予防に欠かせないフッ素ですが、フッ素の安全性については、あまり知られていない様です。

 

先日、お見えになられた患者さんに次のような質問を受けました。

 

患者さん「先生!フッ素で中毒になるんですか?子供の歯にフッ素をしてもらおうか迷っているんです。ママ友が通っている歯医者は、フッ素は毒だから塗らない方がいいって・・・先生は、どう思います?」nnn

 

私「確かにフッ素に毒性はありますが、過剰に摂取しなければ何の問題もありません!実際、私がフッ素を塗ったお子さんで中毒になった例はありません。

では、どの位の量のフッ素を一度に摂取すると中毒症状が出るかというと市販のフッ素入り歯磨き剤であれば、10本くらい一気飲みしても出るかどうかです。

現実では、考えられませんし、他国では、予防のため水道水にフッ素が含まれている国もあるくらいなんです。もちろんその国の虫歯発生率はとても低いんです。

例えは、良くないかもしれませんが、おいしいものも食べ過ぎてしまえばお腹を壊す・・・・といったところでしょうか!もう少しお話しすると、食べ物にも含まれており、お茶や魚介類(エビなどは豊富)にも含まれています。」

 

患者さん「勉強になりました!家に帰ってフッ素をやるか家族に相談したいと思います!」

 

フッ素は、虫歯予防に有効ですが、現実離れした過剰摂取はいけません!clover

 

 

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院

院長 野崎康弘

 

 

 

 

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります

  • キラキラで透明感のある白い歯へ
  • 院長の歯科教室
  • 当院のドクターが紹介されました
  • 患者様の声
  • facebook
  • 当院のろこみ掲載されています
  • toothfairy
  • english available
  • 台東区歯科基本健診協力医療機関