院長の歯科教室

2016.03.08更新

ここ数年で全身の病気の手術前後のお口の中の状態が
手術の予後を左右する事が分かってきました。
ear

特にがんの手術前後の抗がん剤や放射線はがん細胞と同時に正常な細胞にも作用するため粘膜の炎症が出やすくなり、全身の抵抗力も低下しますので感染も起こしやすくなります。

お口の中には、副作用として口内炎ができやすく(頭頸部がんの放射線治療では必発)感染を起こすと食事も困難になります。

この時期に虫歯や歯周病がが放置されていたり、汚れがありますとお口の粘膜から感染を起こし色々な全身的な合併症が引き起こされることがあります。
danger

また、手術時のお口からの挿管時にお口の中に汚れがありますと肺炎などの合併症に繋がり大変危険です。


歯科の保険では、周術期口腔機能管理という項目があるほど重要視されています。eye

一般の方には、馴染みが無いかもしれませんが、手術前後のお口の中の状態が全身の手術の予後に関わるというのが実際のところです。

不測の事態にならないためにも定期的に歯医者にかかる事が大切です。clover

蔵前・浅草橋ジェイエムビル歯科医院
院長 野崎康弘

投稿者: ジェイエムビル歯科医院

まずは今のお口の状態を
確認することからはじめてみませんか?

当院では「丁寧な説明」を大切にしています。
いきなり歯を抜いたり削ったりはしませんので、ご安心ください。

03-5820-6874
conBottom_img01_sp.png

診療時間午前9:30~13:00/午後14:30~19:30

診療時間
午前9:30~13:00
午後14:30~19:30

休診日日曜・祝日

※土曜日は訪問歯科診療のみとなります

  • キラキラで透明感のある白い歯へ
  • 院長の歯科教室
  • 当院のドクターが紹介されました
  • 患者様の声
  • facebook
  • 当院のろこみ掲載されています
  • toothfairy
  • english available
  • 台東区歯科基本健診協力医療機関